美心禅茶のお抹茶時間

お抹茶時間とは

“いまここ”に意識のすべてをおいて「美味しいお抹茶」をつくりだすことに集中する。茶道がフルコースであるならばお抹茶時間は“お抹茶を楽しむ”ことだけを切り出したアラカルトだとお考え下さい。

もてなす相手(自分も含めて)を思い、ただただ美味しくと心を込めてお抹茶を点てるとき、気が付くと頭のおしゃべりが消えて”無“の状態になっています。つかの間のマインドフルなときをお楽しみください。

お抹茶時間

美心禅茶の由来

“いまここ”に意識のすべてをおく禅の心でお抹茶時間を楽しむ

そうすることで心が美しく整えられていく

大徳寺派香林院の金嶽和尚様にご相談しながら生まれたネーミングです

 美心禅茶

 

なぜ誕生したのか

社会人生活はとにかく激務と呼ばれる職場で過ごしてきました。「心」をなくさないと務まらない職務もありました。あらゆるストレスケアを試してきました。月に数回のヨガレッスン。とってもすっきりするのですが準備やスタジオへの往復など数時間かかることがネックでした。次にマインドフルネス。こちらは「無」の境地に達するまでのリードタイムが長く、すっきりできるのはほんの一瞬。オフィスや自宅では「無」の境地まで辿りつけないこともままありました。最終的に禅寺での修行体験。人工の音がしない世界で数日間を過ごした私は、はっと気づいたのです。ヨガ、坐禅、マインドフルネスで得られる“すっきり感”は共通したものがある。それが何かに似ている。そしてそれは私の日常の中にあり、どの手段よりも最も手軽にできて効果を確実に得られるものだと。最終日最後の坐禅でわかりました。それがお抹茶を点てるということだと。

情報過多でストレスフルな時代だからこそ、頭のおしゃべりを止めて、脳を休ませてあげる時間を求めている人は増えています。でも坐禅やマインドフルネスは現代のライフスタイルとは真逆ゆえにハードルが高く、万人向けとは言えない。

その点、茶道から、“お抹茶を点てる”ということをアラカルトとして切り出したお抹茶時間であれば「心を整えたい」と願う多くの人に効果を実感してもらえるのではないか!さらにお抹茶は成分的にもテアニンのリラックス効果が期待できるので、心と身体とダブルでアプローチできる。そして栄養面でもビタミン・ミネラルが豊富なので健康や美容、アンチエイジングにも期待できる。

美心禅茶のお抹茶時間はどんな方にも手軽に楽しんで頂けるように随所に工夫をしました。

 美心禅茶アイテムズ

 

どういう人にお勧めしたいか

30代から40代の働き盛りの人に特におすすめしたいと思います。美心禅茶のお抹茶時間は非常にシンプルです。所要時間も5分程度。それが魅力であり、継続できるポイントです。継続して習慣化していただくことで心豊かな暮らしに。

20代後半から30代にかけて「心を落ち着ける」時間をもつことが難しく、本来の自分の望みすらわからなかったかつての私。まずはその術を探すためにいろいろな手法を試しました。そこにつながるのはただ一つ。自分の内側の声を聞くこと。心を整えてエゴを外し魂に触れたとき答えがわかりそして安心感が生まれます。私が遠回りをしたからこそ、お伝えできることがあると思っています。美心禅茶Matcha Meditationでは日々忙しく自分で時間を摂ることが困難な方に寄り添っていくプログラムです。いつもそこに行くと大きな安心感で包んでくださった師匠たちを見習ってオンラインという場でご提供してきます。

 オンライン

 

習慣化することの意味

禅の修行は坐禅だけではありません。坐禅で体得した「いまここ」に意識のすべてをおいて日々の生活をすることこそが最も重要であると修行体験時に和尚様から伝えられたときの衝撃を今でも覚えています。日々の雑事を含めた暮らしの中で活かしてこその学びであり安心感に包まれ続ける秘訣ですね

 

美心禅茶に込めた想い

こんな時代だからこそ、心を落ち着けたいと望んでいる人は多い。一方で情報過多で他動になり気味な都市生活者においては、心を落ち着けることに苦手意識がある方も多い。

「心を整えたい!でも苦手。。。」そんな方にこそ美心禅茶のお抹茶時間をおすすめしたいです。一人ひとりに心穏やかな時間が増えることで、無駄な争いが減り社会が平和になる。世界平和のためにできることは、まずは自分が穏やかになること。そして自分の周りにいてくれる人たちとの幸せな時間を大切にすることではないでしょうか。広島で生まれ育った被爆三世として、世界平和の実現に貢献することは私の使命だと感じています。そして一人ひとりが自分の使命を見つけてキラキラと輝く人生を歩む。そんな未来を描いています。

 

当代随一の経営者と言われる稲盛和夫さんのご著書「心。」(サンマーク出版社)その冒頭にこんな一節があります。『これまで歩んできた八十余年の人生を振り返るとき、そして半世紀を超える経営者としての歩みを思い返すとき、いま多くの人たちに伝え、残していきたいのは、おおむね一つのことしかありません。それは、「心がすべてを決めている」ということです。」

心を美しくすることが豊かな人生を歩む鍵となる。稲盛さんが語られていることでこれは世の中の心理なのだと確信しました。

代表写真

あなたも美心禅茶で、心も身体も美しくなりませんか!

 

 

美心LAB株式会社
代表取締役社長
河野美紀子

 

 

 ■CEOプロフィール

河野美紀子
代表取締役社長兼CEO
お抹茶時間プロデューサー

国内外の金融機関勤務を経て、国家公務員として中央省庁で国際業務に従事しながら、茶道のお稽古を継続。

ビジネスや私たちの暮らしにも役立つ茶道の要素を現代のライフスタイルに寄り添った形でご提案したいとの思いから起業。暮らしの中で楽しむ「お抹茶時間」を通じて心を穏やかに、そして美しくする提案を行っている。

日本の伝統工芸や老舗の匠たちひとりひとりと交渉の末に 「旅する茶室」を完成させる。
ビジネスと茶道の関係について20年以上取り組んできた経験に禅からの学びを絡めて、ストレスを手放し心を整えるオリジナルプログラムも開発。美心禅茶は大徳寺派香林院の金嶽和尚様にアドバイスを得ている。
表千家教授者資格保有